読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PubPri

趣味は公式にお金を投げつけることです

うたの☆プリンスさまっ♪の歌の力

初めましての方がほとんどでしょうか。

初めまして。かるみあと申します。

 

この度、私がブログを始めるきっかけとなったプリンセスゴリラさん主催「うたの☆プリンスさまっ♪ Advent Calendar」に参加させていただきます。

www.adventar.org

 

 

複数日書く機会をいただきましたので、図々しくも、複数回登場します。よろしくお願いします。

 

一番最初何をテーマに書いたら、読みやすいのだろうか…と考えた結果、うたプリというぐらいですからをテーマに書こうと思ったわけです。

というわけで、プリライ流しながら書いています。進みません(当たり前)

 

※歌の感じ方や感性は人それぞれなので、あくまで1つの見方としてお読みください。

 

うたプリとの出会い

私をうたプリと引き合わせてくれたのは、何を隠そう歌でした。

 

うたプリファンではない友人がカラオケで「マジLOVE1000%」か「マジLOVE2000%」を歌う(その後数日、曲の無限ループにとらわれる)

アニメイトうたプリサイトに公開されていた、プリライのPVを見て突き落とされる

・アニメを見始めて、オルフェのイントロの美しさにやられる

 

今となってはこれぐらいしか覚えていませんが、当時の衝撃的な気持ちは、今でも覚えています。

 

イントロの1音目から、ぐわっと引き寄せられる不思議な魅力がありますよね。instで聴いても、すごく聴きごたえがある歌ばかりです。Elements Gardenさんには、いつもいつもいつも、本当に感謝しております。ありがとうございます。

 

ちなみに、ヒトカラ11時間(昼のフリータイム上限の時間)うたプリ縛りとか結構しています。そろそろ誰かと行きたいです。切実です。この辺の事は、また別記事で書きます。

 

キャラクターを投影した歌詞

これは外せない点だと思います。

 

うたプリを好きになった当時、私は本当に歌が好きすぎたので歌にしか触れていませんでした。アニメは見たけれど、あくまでも歌を解釈するための手段のような。

 

しかし、急にキャラクターに愛着を持つようになって、プリンスさま達に思うことも増えてきました。すると、見方が変わったんですかね。そういうことです。

歌だけが好きの状態で止まらなくて、本当に良かったと思っています。

 

さて、今話題のマジLOVEレジェンドスター音也回…

 

言及するのか!?していいのか!?

 

音也と瑛一のデュエット曲 NEXT DOOR

 

音也はいわゆる「堕ちた」状態で歌ったこちら…

ああそうか、この状態の歌が世に出るのか…と、悲しい気持ちになるわけですが、一方でこんな解釈もいいのかなと。

 

NEXT DOORは、次のステップに希望を持って歌った歌ではないかもしれない。音也も瑛一も。しかし、これは、彼らがもがいている瞬間を切り取った歌だという解釈は…?

芸術作品というものは、生きていればあっという間に過ぎ去っていく「一瞬」を切り取って残しておくことができます

苦しい瞬間が歌として残ってしまっているかもしれないけれど、幸か不幸か、我々は彼らが住む世界線とは違う所にいます。デュエットができる過程をのぞくことができる世界線。だからこそ、その過程や歌をきちんと受け止めてあげたいと思うのです。

私は、今回のデュエット、彼らが生きているということ、彼らの人間味を強く感じられて、とても好きです。

 

ただ、アニメイトの店頭コメントはどうなるんだろうね…(小声)

 

そしてさらに余談。「未来、夢、ありがとう…そして!」

歌詞カードを見ながら初めて聴いた瞬間から、とんでもなく好きな歌詞があります。

 

言葉だけじゃ足りないから 神様は歌をくれた

 

何回聴いても号泣必至。こう…なんていうか…本当に彼らがアイドルになってくれてよかったなぁとしみじみしてしまうんですよね…。アイドルになってくれたから、私はみんなと出会えたわけだし…。本当に歌の力はんぱないなって思ってます……いつもありがとううたプリ様……

 

声優さんの力

プリンス達がアイドルとして生きて、歌を歌えているのには、もちろん声優さん方が声という命を吹き込んでくださっているからです。

 

キャスト欄を見るたびに、この人たちをよく集めたな…と感心してしまうわけですが。

 

さて、唐突ですが、昨日私はこんなツイートをしました。

 

キャラソンについて議論が始まると、必ずと言っていいほど「キャラで歌っているか否か」という話題が挙がります。

 

これって、そんなに議論する必要あるかな???

 

うたプリについて言うと、声優さんはプリライを通してキャラクターと私たちを繋いでくれます。声優さんはプリンスそのものであると同時に、2次元と3次元を繋ぐ橋にもなる。

結局、人によって何に重きを置いているかが違うだけではないかと。うたプリキャストの方々はコンテンツに対して本当によく愛を注いでくださっているのが分かるので、それが本当にありがたくて、それだけでも十分なのにそれ以上を供給してくださるのでもう本当に頭があがりません。

 

というか、キャラとかキャラじゃないとか考える余裕もないくらい至上の音楽をくださるのでそれどころではないのだよ。

 

とにかく、特にプリライとかもう明らかに「声優」を飛び越えているので、感謝でいっぱいです…はい…。そのもらった分を私は声援で返したいのですが、いかんせん行ったことがありません(号泣)日程見ただけで泣いたり、考えるだけでお腹痛めたり。だいぶこじらせてきました…。応募始まりそうになると、本格的に狂いそうですがっはっは。

 

プリライって本当に最高だなぁ……(5thを見ながら)

 

でも結局泣くことしかできない

 

上手く言葉にできない思いがまだまだまだまだたくさんあって、せっかくの機会だからちゃんと言葉にして読む方々に届けたいのに、それができないのがもどかしいです…。まだ書きたいことあったはずなのに…何だっけ…。

 

私は嬉しくても悲しくても何でも、アニメでも歌を聴くだけでもプリライでも何でも、とにかく泣くことしかできなくなりました。毎日毎日、うたプリで泣いています。

それがしんどいと思ってしまうこともあるけれど、うたプリに関しては、嬉しいも楽しいも悲しいも切ないも…全ての感情が幸せです。

 

(ライブ行けたら、ライト落ちた瞬間に泣き崩れる自信があります)

 

うたプリに出会えてよかった。心の底からよかった。これからもついていきます。

 

 

 

ちょっとした今後のお知らせ

冒頭でもお話しした通り、今後もこちらの企画に参加させていただきます。時間が許し、体力と気力と精神が元気な限り…!

 

そのうちどこかで「うたプリの箱推し」について書きたいのです。しかし、こちらに関しては私はもう何か月も悩み続けているので、記事としてまとめられるほど自分の考えもまとまっておらず。

 

そこで、もしよろしければ、あなたの推しに関してお話を聞かせていただきたいのです。

・そのキャラを推すようになったきっかけ

・うちの子こんな子ですよ!いかがですか!

…とか、本当に何でもいいです。

この記事のコメント欄でもいいですし、Twitterの方(以下記載)でも構いません。

お話してくださると泣いて喜ぶので、よろしくお願いします。

かるみあ (@karumine11) | Twitter

 

11話でいい感じになってくれるといいなぁ…。

チケット戦争も近づいてきましたので、皆さん、頑張って生きましょう。