PubPri

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PubPri

私をもって公を成す

華アワセ姫空木編 姫空木ルート

ご無沙汰しております。

 

姫空木編の姫さんルート、8月末には終わっていたのですがなかなか書く気が起こらず…。蛟編よりも先に姫空木編の姫さんルートをやっていたので、この記事を書く為にもう一度やり直しましたが……いやぁ、なんか長旅でした(笑)

 

蛟編についてはこちらからどうぞ。

 

hanaflyaoi.hateblo.jp

 

今回も相変わらず、メモしたものをほとんどそのまま記事にしています。話題が吹っ飛ぶことがあるかもしれませんがお許しを。そして、今までで一番容赦ないネタバレをかましています。プレイしていない人からしたら「誰やお前」という名前が出てきますが、スルーするのが賢明かと思われます。

 

姫空木編は、OPの話から始めたいと思います。華アワセのOPはみんな大好きなのですが、姫空木編のOPは見た瞬間に心をグッとつかまれました。

 

youtu.be

 

繊細で、綺麗で、でもどこか不気味な旋律は、姫空木編にピッタリだと思います。由良さんが描く各キャラの絵もOPに素晴らしい花を添えています。

 

姫空木ルート

 

まずは訂正。

前回の記事で「ツキの半身のもう半身はいろはで確定」と言いましたが、違います。ツキの半身が、みことが大切なもうひとつのツキの半身だと明言していました。では、ツキの半身自体はいったい何者なのか。考えれば考えるほどいろはと言っていいのか分からなくなりましたが、ツキの半身といろはが共鳴しているのは確か。しかし、いろはとツキの半身の関係性はいまいち掴めないので、これからもプレイしながらうんうん考えます。

 

姫空木編で出てくるサブキャラのヨシノたん。多くは語りませんが、初対面の衝撃は忘れません(笑)頭大丈夫かな…。

 

あと、ショウ君出てくるたびに、パンツに入りきっていないシャツが気になる…。出すなら出す!入れるなら入れる!

 

そして、蛟編ではヒステリックだった葵さん。蛟が絡まなければ、普通に親切な先輩でした。あと、華うつしランキングの葵のスペックは笑いました。体力:10、防御力:5に対して、素早さ:65、攻撃力:65。蛟とバランスが取れるように頑張ったんだろうなぁ…と、微笑ましくなりました。彼女との華うつしは運だと思いました。こいこいを制することができれば勝てる。

 

キーアイテムとなるカラクリ命。序盤にこれを使いまくって運命を勝手に変え、みことを華園に置いたいろは。ひどいなとは思いますが、その後のセリフが全部悲しくて切ないから…。いろはを見る目に切なさフィルターかかっちゃってるかな…。

 

「君に言った。もう、逃げられないと。私は、君を……逃がさない」

 

初めのほうのいろはは、単なる冷徹人間のように映るかもしれません。決して、そんなことはないんだよ…。姫空木編をプレイする人は蛟編をプレイしているだろうから大丈夫かな…。

 

百歳さんもこんなことを。

 

「いろはは、とても幼いの。考え方も行動も、まるで、心だけずっと時が止まっているかのよう」

 

「姫空木を疎ましく思う気持ちすら、自分でも気づいてないでしょう。ただ、彼を消したい。それだけです」

 

この自覚できていない状況が、いろはを余計に苦しめてしまうんでしょうね。先日B's-LOGを購入し、いろは編の情報を手に入れました。今までとは少し方向性が違うようなので、いろはが幸せになることを祈りつつ、手を合わせて待ちます。ニノのCV誰だろうなぁ。

 

理事長からのひふみうた(=ふるのこと)の解説は、少し鳥肌が立ちました。まんまみことちゃんと五光じゃないか。そして、ひふみうたは死者を蘇らせる言葉らしい。いろはは、みことの夢の中で、ひふみうたをみことに対して言いました。はて…?みことちゃんは死者…?

 

みことちゃんと姫さんにお説教した直後に、その場にあった甘い物に目を惹かれてもっもっと食べるいろはさん可愛すぎでした。姫さんルートのいろはは本当に最高で、みことちゃんの全身に大量のキス痕を見つけて取り乱すいろはさんは貴重すぎて私が取り乱しそうでした。本能か、甘い物に入っていたお酒で酔っていたからか…。ご想像にお任せしますという感じですね(笑)

 

話変わって蛟についてですが、蛟が姫空木の親友で本当に良かったと思いました。蛟編のときには、姫さんが蛟の親友で良かったと言った気がしますが。

 

「情けない世迷言を垂れる男のために、自分は身を引いた覚えはない」

 

「お前が動かないなら、自分がいくが、それでもいいか?」

 

「己と向き合ってみろ。…弱虫」

 

蛟普通にイケメンやないかぁぁぁ!どうしたぁぁぁ!自分のツキではあんなにあんなんだったのに!!!

 

そういえば、理事長にお尻を叩かれた唐紅のスチル欲しいな(突然)

 

くれなゐ様とあんこちゃんとか最高だったね。変装でメガネかけたくれなゐ様がまさかの破壊力でした。

 

そして、姫空木編でも唐紅の横顔は美しかったです…。眼福。姫空木の横顔も美しくて、由良さんの絵は横顔が美しいと認識しました。

 

姫さんがヤンデレなのは周知だけど、それから派生する腹黒さというのも見えました。

 

みことの自宅庭でずっと待ってた姫さんは、やっぱりおかしいよね。姫さんのおかしさって、ルートを通してじわじわと感じてくる。

 

このルートは王子様とお姫様のおとぎ話が語られますが、やっぱりみことちゃんの方がヒーローみたいだったね。姫さんは姫さんであることに変わりはない気がするけど、2人が幸せそうだったからいいことにしよう。

 

それよりも、衝撃のレズ展開だよ。しかも姉妹。ビジュアル的にはNLだけどね。それでも花神はどうしようもなく女の子だから。花神も色々苦労してるんだろうな…。姫さんルート1周してからしばらくの間、代永さんがどれだけ可愛い声を出していても恐ろしかったなぁ…。

 

マツリカとの華アワセ、せいぜい2度だと思っていたのに3連戦なのはさすがにたじろいだ。HPの増え方が男前でした(笑)なんだい、このルートは女の子のほうがたくましいじゃないか。

 

最後に、どうでもいいけど姫さんのテニスウェアがパジャマに見えるのだよ。

 

 

華アワセ全体で初めてむかえたEndingが、姫空木編共通ルートのEnding1だった。あの時の衝撃は忘れられないです。まさか死ぬとは思っていなくて。姫さんの甲高い笑い声とか不気味だったし…。こういうEndingをむかえるゲームは華アワセだけじゃないみたいだけど、私の初めての経験は華アワセだったし、華アワセの複雑なシナリオがすごくて一気に好きになりました。共通ルートのEnding2は、個人的にいろはルートみたいだなと思った。正直、これを書いている今はどういうEndingだったか覚えていないのですが(笑)当時の私のメモには、「何だ、これは」とだけ書いてあります(笑)

 

数斗のチャリスは数斗なのに、五斗も帝も、泉姫も興味ないと言う。彼もツキを求めている?そしてみことを見た。…ん?

 

また、ツキの半身はこんなことを。

 

「一回目は決断、二回目は混迷。あの時もそうだった。君は迷っていた」

 

儀式について述べたものです。決断?混迷?あの時とは…。

 

そしてもしかして、金時花はみことのお爺ちゃん!?

 

次から次へと疑問があふれてくる姫空木編姫空木ルートでした。これ、1周しただけじゃ話を理解できなさそうだなぁ。

 

 

唐紅/うつつ編までコンプリートしたら、華アワセの販促記事を書く予定です。9月中に書けたらと思っていますが、難しいかもしれません。アップした際には、ぜひぜひお願いします。